成長期にしっかりと体を動かすことで成長ホルモンが分泌され身長の伸びによい影響を与えます。

運動する事で、成長ホルモンが分泌しますし、骨に刺激を与えます。

しかし、間違った運動を続けると逆影響となってしまいます。

身長が伸びないだけでなく、ケガのきっかけともなってしまいます。

そんな訳で、採り上げるのは、「どういった運動をすれば身長が伸びるの?」「どのような運動がNG」「スポーツが得意ではないなうちの子、どのような事をすればいい?」など、身長と運動についてベストチョイスします。

最初に、「身長を伸ばす運動」についてです。

一つ目の着目点は、「骨に反対に、縦方向に刺激が加わる」という事。

一層平たく言えば、上下に揺れ動く運動がいいんですね。

科学的に証明されているわけではないのですが、いつも上下に揺れ動くジョギングは、目指す形的な種目のひとつです。

他に、ジャンプする事の多々あるバスケットボールやバレーボールも、適していると考慮しられています。

とはいっても、「だからバスケットボールの選手は背が高いんだ」「何が何でも、息子はバレーボールに入れなきゃ」というのは、少しだけ単純なものですね。

これらのスポーツは、元来は身長が高い我が子が取り組んでいたり、プレーの特性上、大きい子が著しくなってしまったりするからなんです。

その上、二つ目の着眼点は、「骨が伸びる軟骨に刺激を与える事」。

だから、全身運動が可能な水泳もベストチョイスです。

要は、「我が子が、ボディーを思い切り動かして遊ぶ」というのは、種目を問わず身長には添加影響があるという事ですね。

では、一方で、どういった運動をすると身長が伸びないのでしょうか。

1、「過度な負担が必要になる」例を挙げると、ウエイトリフティングやボディビル、体操は要注意です。

ボディーの一部分に、かなりの負担が必要になるため、骨の伸びしろである軟骨を損傷してしまいます。

とはいっても、当たり前の筋力トレーニング程度ならOKです。

身長の伸びにはむしろ添加です。

2、「エネルギーを膨大に支出する種目」続いて気をつけたいのが、かなりのエネルギーを支出するゲームです。

代表的な例で言えば、マラソンというのがわかりやすいです。

エネルギーを利用しすぎると、栄養摂取量の不足につながります。

栄養が足りなければ、当然身長は伸びにくくなりますよね。

3、「激しく疲労してしまう運動」種目を問わず、オーバートレーニングは禁物。

翌朝疲れて起きる事ができないほどの運動は、かえって悪影響を及ぼしてしまいます。

まとめるなら、「何事もやり過ぎは逆成果」という事になります。

おすすめ背を伸ばす方法マニュアル⇒上嶋修弘さんの20歳の成長期が過ぎた大人でも90日間で最低でも1cm以上身長が伸びる方法『上嶋式3ステッププログラム』